アロマテラピーの基礎&取り入れ方

アロマテラピーとは

アロマテラピーとはのイメージ

「アロマテラピー」という言葉を実際耳にした方も多いと思いますが、アロマテラピー(アロマセラピー)とは実は何かご存知でしょうか?

花や草などの植物から抽出される天然の香り成分の精油(エッセンシャルオイル)を使って、心や身体に働きかけ、美容や健康に役立てようとする自然療法のひとつです。

語源と歴史について

アロマテラピーという言葉の意味は、アロマは『芳香(香り)』テラピーは『療法』という意味で芳香療法のことです。アロマテラピーという言葉自体は、20世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を用いてその効能を自ら体験したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したことがはじまりです。

植物の香りの成分は、数千年もの間、古くは古代エジプト文明の時代から薫香や浸剤のかたちで使われていました。アロマテラピーは、植物のいろいろな働きや香りの力を借りて、リラクゼーションやストレスケア、そして美容や健康、疲労回復にと、心や体のトラブルを穏やかに回復させることに役立てていこうとする自然療法なのです。

現代人はいろいろなストレスに囲まれて生きています。入浴やトリートメント、セルフスキンケアなど、アロマテラピーをうまく生活に取り入れていくことは、身体と心のバランスを保つ事に、大きな役目を果たすのではないでしょうか。
アロマテラピーを上手に生活に活かせば、身体と心のバランスを整えてくれるでしょう。

アロマテラピーの効果について

アロマテラピーの効果についてのイメージ

植物はそれぞれ独自の香りを出しています。好きな香りを嗅ぐとリラックスしたり、心が落ち着いたりしますよね。それがアロマテラピーに繋がっていくのです。好きな香りを嗅ぐことよって心が癒されたり、落ち着いたりすることがありませんか?

この「香りを嗅ぐ」という行為は、ふだん日常で何気なくおこなっていますが、思っている以上に大切なものなのです。風邪を引いて匂いが全然わからなくなったことって経験ありますよね。そんな時は、お食事の味もわからなくなります。香りを失うという事は、とても味気ない生活になってしまうという事でもあるのです。

このように香りは私たちの心や身体にさまざまな影響を与えています。当セミナーは、アロマテラピーの基礎や香りに親しむ方法・有効利用法を紹介致します!
香りを楽しんで、毎日も楽しんで下さい!

講演会 会社概要

所在地
〒259-1122
神奈川県伊勢原市小稲葉2886-1

最寄駅
伊勢原駅 平塚駅

受付時間
午前 8:00-12:00 / 午後 13:00-17:00

休日
土日祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら