小児の虫歯予防

お母さんになるあなたへ

お母さんになるあなたへのイメージ

ご好評いただいております“虫歯の未来へ”をテーマに予防講習を致します。
伊勢原市でフィンランド式の虫歯予防を積極的に取り入れている、つじむら歯科医院さんにご協力いただきます。ベテラン衛生士による講習は「母子感染」「虫歯ゼロは決して難しくない」「ケアについて」を主に行います。

妊娠中~出産後にかけてキシリトールと摂取すると…

妊娠中~出産後にかけてキシリトールと摂取すると…のイメージ

妊娠中から出産後にかけて、虫歯菌(ミュータンス菌)や歯垢を減らす作用がある天然甘味料「キシリトール」を摂取すると、産まれてくる子供の虫歯菌感染が抑えられることが突き止められました。虫歯菌に感染が遅いほど、虫歯になりにくくなるとされており、お母さんの心がけが、子供の虫歯予防につながることを実証した研究成果として注目されています。

虫歯は虫歯菌が砂糖などを分解する際にできる酸が酸を溶かすために起きますが、キシリトールを摂取すると、酸が生成されないうえ、虫歯菌を歯からはがれやすい善玉菌に置き換える作用が確認されています。虫歯菌が多い妊婦さん84人を2群に分け、一方には食後など1日4回以上キシリトール入りガムを5分間噛んでもらい、もう一方はキシリトールを全く摂取しなかった場合、これを妊娠6ヶ月目から出産後9ヶ月目にかけて続けたうえで、子供が1歳半になるまで、3ヶ月ごとにお口の中の虫歯菌の量を追跡しました。その結果、母親がガムを噛まなかった非摂取群では、子供が1歳、1歳半の時に虫歯菌に感染した割合は76.9%、91.7%。これに対し摂取群は、それぞれ15%、42.9%と感染率は半分以下に抑えられました。

虫歯菌の感染の大半は、虫歯の親が食べ物を噛んで子供に与えたり、親子の箸やスプーンの共有だとされます。
出産前後のお母さんのお口の中の状態を改善することが、子供の虫歯を予防する一つの手段になるとも言われています。

お子様の歯を守るのはお母さんです!大切なお子様の歯を、このセミナーで一生虫歯なしにしませんか?お子様の歯を健康に保つために、皆さんで勉強しましょう!!
講演会 会社概要

所在地
〒259-1122
神奈川県伊勢原市小稲葉2886-1

最寄駅
伊勢原駅 平塚駅

受付時間
午前 8:00-12:00 / 午後 13:00-17:00

休日
土日祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら